試合結果
過去のニュース速報を見る
| 次へ>> |
第266回日本体育大学長距離競技会 結果のお知らせ
[000001]
Date:2018 /10 /22 ( Mon )
20日(土)、21日(日)に行われます第266回日本体育大学長距離競技会の結果をお知らせ致します。

20日(土)
 種目   氏名  学年   タイム
 10000m             芹澤 昭紀     4年  29’42”71(セカンドベスト)   
 木下 巧  2年  29’47”09(自己ベスト)
 ?嶌 凌也  2年  29’57”10
 田中 義己  3年  30’00”62(自己ベスト)
 田川 良昌  2年  30’20”01
 原子 翔太  3年  30’24”49(初10000m)
 殿地 琢朗  1年  30’26”03
 門田 秀利  2年  30’30”17(自己ベスト)
 小杉 恒太  3年  30’40”18
 伊藤 幹也  3年  30’54”58(初10000m)
 浅間 優太  2年  31’12”22(初10000m)
 藤村 遼河  2年  31’15”12


21日(日)
 種目  氏名   学年   タイム
 5000m       古川 礼穏     1年  14’36”36(セカンドベスト) 
 徳備 大輔  2年  14’39”52(自己ベスト)
 甘利 大祐  1年  14’45”75(自己ベスト)
 櫛渕 皓介  1年  14’49”08(自己ベスト)
 相澤 龍明  1年  14’55”26
 下村 航也  1年  14’56”29(自己ベスト)


以上の結果となります。
20日(土)に行われました10000mでは雨が降り、寒さのある厳しいコンディションの中、3人の選手が自己ベストを更新する走りを見せてくれました。また、シーズンベストや初レースの選手も多く、次の目標やレース、課題が明確に分かったことが収穫となりました。
21日(日)に行われました5000mでは1年生が多く出場しました。
4名が自己ベストを更新し、その他の選手も自己ベストに近いタイムでフィニッシュすることができました。これから長い距離に対応できるように練習を重ねていきます。
小さな自己ベスト更新かもしれませんが、チームを勢いづける後押し、自分への自信となりました。
2週間後には全日本大学駅伝が控えています。今回の結果をチームの勢いに変え,一丸となって頑張ります。

これからもご声援よろしくお願い致します。
箱根駅伝出場権獲得!!第95回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 結果のお知らせ
[000002]
Date:2018 /10 /15 ( Mon )
13日(土)に行われました第95回東京箱根間往復大学駅伝予選会の結果をお知らせ致します。

総合成績(上位10人タイム)
 順位   大学名  記録
 1位  駒澤大学  10:29:58
 2位  順天堂大学  10:36:58
 3位  神奈川大学  10:39:16
 4位  國學院大學  10:40:38(本戦出場権獲得) 
 5位  明治大学  10:41:06
 6位  東京国際大学  10:41:15
 7位  大東文化大学    10:42:16
 8位  中央大学  10:42:55
 9位  国士館大学  10:45:39
 10位  山梨学院大学  10:46:27
 11位  上武大学  10:46:51
 12位  麗澤大学  10:48:41
 13位  亜細亜大学  10:48:54
 14位  専修大学  10:49:23
 15位  創価大学  10:50:39
(上位11校が本戦出場権獲得)

個人成績(ハーフマラソン)
 氏名  学年  タイム
 浦野 雄平  3年  1:02’02”(自己ベスト・國學院新記録) 
 土方 英和  3年  1:03’20”
 江島 崚太  4年  1:03’36”(自己ベスト)
 臼井 健太  2年  1:03’47”(自己ベスト)
 茂原 大悟  3年  1:04’01”(自己ベスト)
 長谷 勇汰  4年  1:04’12”
 蜂屋 瑛拡  4年  1:04’20”(自己ベスト)
 小中 駿祐  4年  1:04’59”
 青木 祐人  3年  1:05’02”
 中山 貴裕  4年  1:05’19”
 河東 寛大  2年  1:05’29”(自己ベスト)
 稲毛 暉斗  3年  1:06’58”

在学生、OB、院友、大学関係者、その他大勢の方々からの熱い声援を受け、第4位で3年連続12回目の箱根駅伝本戦を決めることが出来ました。また、3年の浦野が20kとハーフマラソンの國學院記録を塗り替えるなどの大きな収穫もありました。この結果により今年度だけで1500m、5000m、10000m、ハーフマラソンで國學院新記録を出すことができました。
夏の合宿中には台風や地震の影響による停電など、多くのことがありました。その中でもサポート、支援を多くいただき、最高の練習環境を準備して下さったことは本当に感謝しています。
その他にもたくさんの差し入れを頂き、チーム全員の活力となりました。
今回出走したのは12名でしたが、それ以外のサポートに回った選手もこれまで強い気持ちをもって練習に取り組んできました。チーム一丸となって獲得した結果だと思います。
今回の結果を糧に、全日本大学駅伝、箱根駅伝ではチームスローガンである「歴史を変える挑戦」のもと、過去で一番強い國學院を目指して更なる飛躍を目指します。

朝早くから応援に駆けつけていただき、本当にありがとうございます。
今後とも変わらぬご声援よろしくお願い致します。

第6回国士館大学競技会、第265回日本体育大学長距離競技会 結果のお知らせ
[000003]
Date:2018 /09 /24 ( Mon )
22日(土)、23日(日)に行われました第6回国士館大学競技会、第265回日本体育大学長距離競技会の結果をお知らせ致します。

第6回国士館大学競技会
 種目   氏名  学年   タイム
 10000m       藤木 宏太   1年  29’37”02(自己ベスト)
 芹澤 昭紀  4年  30’19”38
 殿地 琢朗  1年  30’21”39(自己ベスト)
 田川 良昌  2年  30’22”72
 ?嶌 凌也  2年  30’56”83
 甘利 大祐     1年  31’37”04(初10000m) 


第265回日本体育大学長距離競技会
 種目            氏名             学年   タイム                        
 5000m       原子 翔太     3年  14’57”97
 櫛渕 皓介  1年  15’06”96
 浅間 優太  2年  15’08”02
 稲田 峻太  3年  15’16”97
 伊藤 宏高  1年  15’31”66
 松延 大誠  1年  15’41”92
 女子800m  長野 優華  3年  2’23”22(自己ベスト)

以上の結果となります。
夏合宿明け初のレースとなりました。10000mでは2人の選手が自己ベストで走ることができました。中でも1年の藤木は序盤からラスト1周まで先頭争いをする走りで自己ベストを50秒近く更新する走りを見せてくれました。
記録が奮わなかった選手もいますが、自分自身と向き合う良いきっかけとなりました。

3週間後には第95回箱根駅伝予選会を控えています。
チーム目標、個人目標を達成するべく、全員が同じ方向を向いて練習面、生活面で気を抜くことなくチーム一丸となって頑張っていきます。
これからもご声援よろしくお願い致します。


第3回黒姫・妙高山麓大学駅伝 結果のお知らせ
[000004]
Date:2018 /08 /20 ( Mon )
8月19日に行われました第3回黒姫・妙高山麓大学駅伝大会の結果をお知らせいたします。
 区間  氏名   学年   記録
 1区(8.1km)  藤木 宏太  1年  26'47"(区間5位)    
 2区(5.9km)  小杉 恒太  3年  17'50"(区間4位)
 3区(10.2km)       田中 義己       3年  31'20"(区間2位)
 4区(8.0km)  河上 雄也  2年     26'51"(区間7位)        
 5区(8.0km)  芹澤 昭紀  4年  23'43"(区間3位)
 6区(6.8km)  原 拓巨  1年  21'09"(区間7位) 


総合結果     2:27'40"   3位
関東学生網走夏季記録挑戦競技 結果のお知らせ
[000005]
Date:2018 /07 /16 ( Mon )
昨日行われました関東学生網走夏季記録挑戦会の結果をお知らせ致します。

 種目  氏名  学年   タイム
 5000mA    浦野 雄平   3年  14’04”28(組トップ)
 藤木 宏太  1年  14’20”06(自己ベスト) 
 添田 知宏  3年  14’37”49
 10000mB   臼井 健太  2年
 29’51”94(組トップ)
 茂原 大悟  3年  29’53”13(2着)

以上の結果となります。
5000mA組に出走した3年の浦野は序盤から前の方でレースを進め4000m手前で先頭に立ち、そのまま後続を8秒引き離す力を見せる走りでトップでゴールしました。また、同組に出走した1年の藤木も積極的な走りで自己ベストを更新する走りを見せてくれました。
10000mB組に出走した3年の茂原と2年の臼井もスローな展開で自己ベストに届きませんでしたが、積極的なレースで臼井が1着、茂原が2着のワンツーフィニッシュで存在感を見せてくれました。
今回が上半期最後のレースとなりました。走った選手はもちろん、走らなかった選手にも多くの刺激を与えてくれました。
チームとしてはこれから夏の鍛錬期を迎えます。この夏で大きく成長して10月の箱根予選に向かっていきます。
今後とも変わらぬご支援・ご声援よろしくお願い致します。
ホクレン・ディスタンスチャレンジ北見・順天堂大学長距離記録会 結果のお知らせ
[000006]
Date:2018 /07 /09 ( Mon )
7日(土)に行われましたホクレン・ディスタンスチャレンジ北見・順天堂大学長距離記録会の結果をお知らせ致します。

ホクレン・ディスタンスチャレンジ
 種目   氏名  学年  タイム
 5000m   土方 英和   3年  14’07”78(自己ベスト) 


順天堂大学長距離記録会
 種目   氏名  学年   タイム
 5000m                        河上 雄哉  2年  14’29”67
 石川 航平  1年  14’35”20(自己ベスト) 
 中山 貴裕  4年  14’37”91
 小杉 恒太  3年  14’38”12
 蜂屋 瑛拡  4年  14’41”43
 稲毛 暉斗  3年  14’42”65
 殿地 琢朗  1年  14’42”80
 原 拓巨  1年  14’46”06
 島? 慎愛  1年  14’46”96
 森 秀翔  2年  14’47”31
 菅家 希来  4年  14’48”65
 田中 義己  3年  14’50”58
 徳備 大輔  2年  14’52”66(自己ベスト)
 江野澤 貴樹  2年  14’54”90
 相澤 龍明  1年  14’55”21
 木下 巧  2年  14’55”88
 柳田 大輔  2年  14’58”36
 ?嶌 凌也  2年  15’02”36
 甘利 大祐  1年  15’02”46
 藤村 遼河  2年  15’10”22
 小賀 悠人  3年  15’14”03
 浅間 優太  2年  15’32”49
 伊藤 宏高  1年  15’32”65
 女子5000m  久保田 かえで  2年  16’58”71(シーズンベスト)

以上の結果となります。

全日本大学駅伝予選会が終わり、チームとして初めての記録会となりました。
ホクレン・ディスタンスチャレンジ北見に出場した土方は全日本大学駅伝予選会からの連戦の中5000mで自己ベストを更新しました。
順天堂大学長距離記録会に出場した選手は故障明けで今季初の5000mになる選手なども多くいましたが、自己ベストに近いタイムで走ることができた選手も多くいました。
これから夏の鍛錬期を迎えます。夏合宿を迎えるにあたり、体の準備や、心の準備をしっかり行い、夏の鍛錬期を良いものにしていきます。

全日本大学駅伝予選会は過去最高順位で突破することができました。ですが本戦でしっかり結果が残せるようにチーム全員がもう一度気を引き締めて頑張っていきます。
応援ありがとうございました。

4年連続本選出場決定!第50回全日本大学駅伝関東予選会 結果のお知らせ
[000007]
Date:2018 /07 /02 ( Mon )
30日(土)に行われました第50回全日本大学駅伝関東予選会の結果をお知らせ致します。

総合結果
 順位   大学名  記録
 1  法政大学   4時間6分08秒63
 2  國學院大學   4時間6分20秒02
 3  城西大学  4時間6分50秒86
 4  明治大学  4時間7分14秒01
 5  帝京大学  4時間7分23秒33
 6  日本体育大学  4時間8分18秒59
 7  順天堂大学  4時間8分47秒52
 8  日本大学  4時間8分52秒78
   以上 上位8校本戦出場権獲得 
 9  拓殖大学  4時間9分29秒94
 10  大東文化大学   4時間9分38秒16
 11  山梨学院大学  4時間9分55秒12
 12  国士館大学  4時間10分04秒80 
 13  創価大学  4時間10分41秒19
 14  東京国際大学  4時間11分18秒30
 15  東京農業大学  4時間11分47秒58
 16  筑波大学  4時間12分29秒91
 17  上武大学  4時間12分47秒32
 18  亜細亜大学  4時間15分23秒39
 19  専修大学  4時間15分39秒00
   中央大学  途中棄権

上記の通り、結果は総合2位となり、國學院初の4年連続全日本大学駅伝への出場権
獲得することができました!
日差しが強く、暑い中現地まで応援に駆けつけて下さいました皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。

日中の暑さが残る厳しいコンディションとなり、全体を通してスローペースのレースとなりました。
1組目を走った臼井と長谷は臼井が2着、長谷が10着、総合3位という絶好のスタートを切ってくれました。
2組目の小中と茂原は、学生駅伝は本選・予選を通して初めての出場となりましたが、臆することなく堂々とレースを進め、小中が4着、茂原が10着と素晴らしい走りを見せてくれました。
3組目を走った江島と青木は青木が12着、江島が22着と2組目終了時点の総合3位をキープする走りで4組目に繋げてくれました。
4組目を走った浦野と土方は浦野が5着、土方が10着と各チームのエースが集まる中、上位でゴールしチームの順位を3位から2位に上げるエースらしい走りを見せてくれました。

今回の結果は、上期のチーム目標であった全日本予選3位以内突破を達成するだけでなく、本学初の4年連続本戦出場、本学歴代最高順位での突破となりました。
この結果にチーム全員が満足することなく、本選でシード権をとれるように夏の鍛錬期に向け頑張っていきます。

当日は暑い中、現地まで駆けつけて下さり、本当にありがとうございました。今後とも変わらぬ、ご支援共によろしくお願い致します。

第264回日本体育大学長距離競技会 結果のお知らせ
[000008]
Date:2018 /06 /11 ( Mon )
9日(土)、10日(日)に行われました第264回日本体育大学長距離競技会の結果をお知らせ致します。

9日(土)
 種目   氏名  学年   タイム
 10000m         茂原 大悟   3年  30’29”58
 蜂屋 瑛拡  4年  30’38”25
 木下 巧  2年  30’39”81
 田中 義己  3年  30’48”09(自己ベスト)  
 河東 寛大  2年  30’55”50
 田川 良昌  2年  31’02”15
 中山 貴裕  4年  31’16”14
 門田 秀利  2年  32’06”19


10日(日)
 種目  氏名  学年   タイム
 5000m               添田 知宏     3年  14’28”58
 森 秀翔  2年  14’38”31
 殿地 琢朗  1年  14’39”57(自己ベスト)
 原 拓巨  1年  14’40”10(自己ベスト)
 伊藤 幹也  3年  14’41”83(自己ベスト)
 小杉 恒太  3年  14’43”83 
 松延 大誠  1年  14’45”40(自己ベスト) 
 高嶌 凌也  2年  14’49”02
 柳田 大輔  2年  14’49”87
 原子 翔太  3年  14’55’93
 浅間 優太  2年  14’59”13
 甘利 大祐  1年  14’59”48
 相澤 龍明  1年  15’14”55
 小賀 悠人  3年  15’19”72


以上の結果となります。
9日(土)に行われました10000mでは日中の暑さが残る中でのレースで競技会全体を通して記録には恵まれませんでした。
その中でも約1年5か月ぶりのトラックレースとなった蜂屋が6組の中で國學院1着をとり、チームのみんなに良い刺激を与える走りを見せてくれました。
積極的な走りができたもの、粘り切れなかったもの、それぞれ課題が多く見えたレースでもありました。
10日(日)の5000mは雨が降る中でのレースとなりました。
どの組も積極的な走りで、挑戦する気持ちが見えるレースでした。
20組を走った小杉が2着、25組を走った添田が3着と前の方でゴールすることもできました。また、1年生3人が自己ベストを更新したのも収穫となりました。
この日体大記録会が復帰レースとなったものも多くいました。
ここで見つけた収穫や課題を次の練習、次のレースに向けもう一度気を引き締めて頑張っていきます。

これからもご声援よろしくお願い致します。

浦野3位入賞!日本人2位!!
[000009]
Date:2018 /05 /28 ( Mon )
27日(日)に行われました関東インカレ4日目の結果をお知らせ致します。

長距離種目
 種目  氏名  学年   タイム
 男子2部 ハーフマラソン    茂原 大悟    3年  1:06’28”(21位)
 中山 貴裕  4年  1:06’49”(25位)
 稲毛 暉斗  3年  1:07’02”(27位)
 男子2部 5000m決勝    浦野 雄平  3年  14’04”51(3位入賞、日本人2位) 
 臼井 健太  2年  14’30”08(14位)
 青木 祐人  3年  14’52”57(26位)


中距離種目
 種目   氏名  学年   タイム
 男子2部 800m決勝   佐々木 亮介   2年  1’53”67(2位入賞) 

以上の結果となります。

男子25000m決勝では3年の浦野がハイペースでレースが進む中2人の外国人選手に果敢に挑戦し、日本人トップを走っていましたが最後にかわされ日本人2位となりました。しかし、昨年のリベンジを果たし全体3位、日本人2位の素晴らしい走りを見せてくれました。

ハーフマラソンでは、暑さが厳しいコンディションでしたが最初からハイペースでレースは進みました。

全体的に厳しい結果とはなってしまいましたが、積極的に攻める姿勢が見られたり、逆に後半の粘りなどの課題を見つけれたことが収穫となりました。

800mでは2年の佐々木が2位となりました。ラスト300mで先頭に立ちますが、あと一歩及びませんでした。しかし、この関東インカレの舞台で走った経験を力に変えてもっともっと高い目標に向かって頑張っていきます。

今年の関東インカレでは2種目でメダルと1種目入賞を果たすことができました。

今回はお忙しい中、スタジアムまで応援に駆けつけてくださったOB.OG、保護者や学校関係者の皆様方にはこの場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。


今後とも応援よろしくお願い致します。




関東インカレ 3日目 結果のお知らせ
[000010]
Date:2018 /05 /27 ( Sun )
26日(土)に行われました関東インカレ3日目の結果をお知らせいたします。

 種目   氏名   学年   タイム
 男子2部 800m予選   佐々木 亮介    2年  1'53"14(予選突破)
 会田 優介  4年  1'59"16
 堺谷 龍太  1年  1'55"29
 男子2部 400mH予選   鈴木 伊織  2年  54"47(自己ベスト) 
 男子2部 800m準決勝   佐々木 亮介  2年  1'53"22(決勝進出)
 男子2部 4×400mR予選     会田 優介  4年    3'15"91 (國學院新記録)
 荒井 悠佑  4年
 佐々木 亮介  2年
 堺谷 龍太 1年 


以上の結果となります。
男子2部800mでは2年の佐々木が予選、準決勝を突破し27日(日)に行われる決勝に進出しました。
また、400mHにでた鈴木と4×400mRは予選落ちしてしまいましたが自己ベスト更新と國學院新記録と来年に繋がる走りを見せてくれました。
※男子2部 800m決勝  27日(日) 13:00スタート

最終日も熱いご声援よろしくお願い致します。
| 次へ>> |
▲ページ上へ