試合結果
過去のニュース速報を見る
| <<前へ | 次へ>> |
第175回東海大学長距離競技会、第22回法政大学競技会 結果のお知らせ
[000001]
Date:2017 /05 /08 ( Mon )
6日(土)、7日(日)に行われました各種競技会の結果をお知らせ致します。

7日(日)東海大学長距離競技会
 種目  氏名   学年     タイム 
 1500m     添田 知宏         2   3’53”37           
 5000m           青木 祐人   2   14’36”56 

6日(日)法政大学競技会
 種目   氏名   学年     タイム 
 3000mSC     川崎 黎哉         3    9’37”29           

以上の結果となります。
1500mに出場した添田は終盤、集団の前に出るなど関東インカレに繋がる中身のあるレースができました。
5000mに出場した青木はスタートしてすぐに独走状態になり中盤で追いつかれますが、ラストしっかりと切り替えて走ることができました。中間走の走りの課題も見つかり、収穫のあるレースができました。

お互い今回のレースをステップにし、2週間後の関東インカレに向け、もっと上を目指して頑張っていきます。

今後ともご声援よろしくお願い致します。




第62回山形県縦断駅伝競走大会
[000002]
Date:2017 /05 /01 ( Mon )
4月27〜29に行われました第62回山形県縦断駅伝競走大会の結果をお知らせ致します。
  氏名  (学年)   チーム名        区間(距離)                     タイム         区間順位        
  渡邉 貴   上山  1日目1区   (17.1km)  53'36"
 2位
 3日目23区 (13.4km)  42'15"  2位




第256回日本体育大学長距離競技会 結果のお知らせ
[000003]
Date:2017 /04 /24 ( Mon )
22日(土)、23日(日)に行われました第256回日本体育大学長距離競技会の結果をお知らせ致します。

22日(土) 日体大記録会
 種目                      氏名                       学年    タイム                                                          
    10000m         向 晃平  4  28’59”15 (自己ベスト・國學院歴代7位)
 江島 峻太  3  29’16”28 (自己ベスト)
松永 拓馬   4  29’37”27 (自己ベスト)
 國澤 優志  4  29’54”99
小中 駿祐  3  29’59”07
熊耳 智貴   4  29’59”57
長谷 勇汰   3  30’00”43
磯邉 翔太   4  30’04”70
田代 恭一   4  30’11”62 (自己ベスト)
柳田 大輔   1
 30’16”19  (初10000m)
中山 貴裕   3  30’25”04

23日(日)
  種目                  氏名                     学年      タイム                                                           
     5000m      浦野 雄平  2  13’59”23(自己ベスト・國學院歴代3位)
 河野 敢太  4  14’23”35(セカンドベスト)
 芹澤 昭紀  3  14’27”83(自己ベスト)
 添田 知宏  2  14’30”72(セカンドベスト)
 稲毛 暉斗  2  14’43”61
 森 秀翔  1  14’55”44
 伊藤 幹也  2  15’05”38
 門田 秀利  1  15’29”56
 高橋 駿太  1  15’39”82

以上の結果となります。
22日(土)の10000mでは、強い雨が降る中、主将の向が粘りの走りで國學院歴代7位となる28分台でゴールしました。
また、同じ組で走った江島も自己ベストを20秒以上更新しチームに勢いづける結果となりました。

5000mでは最終組で2年浦野が自己ベストを40秒以上更新し、國學院歴代3位の好記録で走ることができました。
また、その他の組でも、組トップをとる選手であったり、レースを動かす選手がいて収穫のある記録会となりました。

これからチームは関東インカレ、全日本予選に向かっていきます。
今回走った選手は間違いなくチームの追い風となりました。
今回の結果をチームの勢いに変え、チーム一丸となって頑張っていきます。

今後とも熱いご声援よろしくお願い致します。


第61回平成国際大学長距離競技会 結果のお知らせ
[000004]
Date:2017 /04 /24 ( Mon )
先日行われました第61回平成国際大学長距離競技会の結果をお知らせ致します。
 種目   氏名    学年     タイム 
 3000mSC      川崎 黎哉       3   9’23”52 (セカンドベスト) 
以上の結果となります。
自己ベストには届きませんでしたが、関東インカレ2部B標準を突破することができました。
序盤から積極的に勝負しましたが、後半に粘り切れなかったこともあり、課題も見つかるレースでもありました。

今回の結果を次に繋げていき、もっと上を目指していきます。

今後とも熱いご声援よろしくお願い致します。
 

第27回かすみがうらマラソン 結果のお知らせ
[000005]
Date:2017 /04 /17 ( Mon )
昨日行われました、第27回かすみがうらマラソンの結果をお知らせ致します。
種目  氏名  学年   タイム  順位
 10マイル   内田 健太  4  49’35” (自己ベスト)  準優勝
 小田 智哉  4  50’50” (自己ベスト)  5位
 
以上の結果となります。
日差しが強く、気温の高い厳しいコンディションとなりました。
序盤から積極的に勝負し、後半も他選手と競り合うことができました。
しかし、ラストの勝負で勝ちきれなかったこともあり、課題の残るレースでもありました。

今後はトラックレースが続きます。
選手個々が自分自身としっかり向き合い、少しでも多くの自己ベストが出せるよう精進して行きます。
そして、上半期最大の目標である全日本大学駅伝予選会に、チーム一丸となって向かっていきますので、今後ともご声援よろしくお願い致します。

関東私学六大学対校陸上競技会 結果のお知らせ
[000006]
Date:2017 /04 /17 ( Mon )
昨日16日(日)に行われました第38回関東私学六大学対校陸上競技会の結果をお知らせします。
長距離
種目  氏名  学年  タイム  順位 
  対校5000m       河野 敢太     4   14’59”48     優勝      
  添田 知宏  2   14’59”97  準優勝  
  対校1500m    河野 敢太  4  3’54”73 (自己ベスト)  準優勝
  添田 知宏  2  3’59”69  4位

短距離
種目  氏名  学年  タイム  順位 
 対校100m          
 飯田 貴之       2       11”10  5位    
 対校400m  荒井 悠佑   3  49 ”00(自己ベスト、関東インカレB標準突破)   4位
 対校4×100mR     三橋 陸  2     42”12  3位  
 荒井 悠佑  3
 飯田 貴之  2
 寺田 隆浩  4
 対校4×400mR     会田 優介  3     3’29”11  5位
 寺田 隆浩  4
 山室 良太  2
 江田 憲正  2
 対校走幅跳  安藤 亘佑  3   6m45cm  6位
 対校円盤投  川田 壱成  4  33m38cm (自己ベスト)  優勝
 対校走高跳   菊池 将吾  1  1m80cm  5位
 安藤 亘佑  3  1m60cm  8位
 対校砲丸投  川田 壱成  4  8m26cm  8位
 
5000mでは、國學院の2名の選手が引っ張り合い1着、2着でゴールすることができました。

また、400m予選では3年の荒井が関東インカレB標準を突破し、その他の選手も自己ベストを更新しました。

約1か月後の関東インカレに向けて短距離、長距離共に1人でも多く上位入賞を目指して取り組んでいきます。

第32回焼津みなとマラソン 第29回大学対抗ペアマラソンの部 結果のお知らせ
[000007]
Date:2017 /04 /10 ( Mon )
昨日行われました第32回焼津みなとマラソン 第29回大学対抗ペアマラソンの部の結果をお知らせ致します。
 
種目 
氏名       
学年  タイム  個人順位 
ハーフマラソン   松永 拓馬    4  1:06'11"
 6位
 磯邉 翔太   4  1:07'35"
 23位
 大学対抗ペアマラソンの部     合計タイム
 順位
     2:13'46"
 6位
 
以上の結果となります。
序盤からスローペースの展開の中、先頭付近でレースを進めていきましたが、
11kからペースの切り替えがあり、対応力が求められるレースでした。
4年の松永はラスト勝負で競り負けての6位でしたが、11k以降3位集団の中で積極的にペースを作っていき、
粘り切るレースをしてくれました。
今後も関東インカレや全日本予選に向けての記録会、ロードレースが続いていきます。
その中のレースで勝ち切る強さ、粘りを身につけ今後の結果につなげていきたいと思います。
今後とも熱いご声援よろしくお願い致します。
浦野國學院記録! 向、江島関東インカレ標準突破!! 第1回世田谷陸上競技会 結果のお知らせ
[000008]
Date:2017 /04 /09 ( Sun )
昨日行われました、第1回世田谷陸上競技会の結果をお知らせ致します。

 種目  氏名  学年    結果
 3000m    浦野 雄平            2  8'14"99(自己ベスト・國學院記録)
 河野 敢太  4  8'19"61(自己ベスト)
 添田 知宏  2  8'25"81(自己ベスト)
 5000m      向 晃平  4  14'04"04(自己ベスト・國學院歴代5位)    
 江島 崚太  3  14'12"46(自己ベスト)
 柳田 大輔  1  14'34"28(自己ベスト)
 中山 貴裕  3  14'34"35
 稲毛 暉斗  2  14'52"52

以上の結果となります。
3000mでは浦野が國學院記録で組トップの快走を見せ、4年河野も20秒を切るタイムでフィニッシュすることができました。
5000mの方でも、4年向が先頭集団で積極的に勝負し、ラストスパートで勝ち切り、組トップでフィニッシュできました。また、向と江島は関東インカレ2部5000mのA標準を突破しました。

今年度初のトラックレースとなりました。
今回の結果を次の競技会に繋げていき、さらなるレベルアップをしていきたいと思います。

今後とも熱いご声援よろしくお願い致します。
第13回笛吹市ももの里マラソン 結果のお知らせ
[000009]
Date:2017 /04 /03 ( Mon )
昨日行われました、第13回笛吹市ももの里マラソンの結果をお知らせ致します。

 種目  氏名  学年   タイム  順位
 ハーフマラソン    田代 恭一        4  1:06'52"          優勝
 長谷 勇汰  3  1:07'07"  準優勝 
 田中 義己  2  1:12'30"  3位

以上の結果となります。
今回招待選手として参加させていただきました。
中でも4年田代と3年長谷が、互いに競い合いながら後続に差をつけて走ることができました。
起伏の多いコースで公認レースではありませんが、今後につながる結果であったと思います。

これからはトラック、ロードレースが続きます。
1つ1つの結果を大切にし、チームとしての成長につなげていきたいと思います。

今後とも熱いご声援よろしくお願い致します。
第20回日本学生ハーフマラソン 結果のお知らせ
[000010]
Date:2017 /03 /06 ( Mon )
昨日行われました、第20回日本学生ハーフマラソンの結果をお知らせ致します。

 種目  氏名  学年   タイム
  ハーフマラソン      熊耳 智貴           3  1:03'46"(自己ベスト)            
 向 晃平  3  1:03'54"
 國澤 優志  3  1:04'03"
 浦野 雄平  1  1:04'14"(自己ベスト)
 江島 崚太  2  1:04'19"(自己ベスト)
 小田 智哉  3  1:04'40"(自己ベスト)
 長谷 勇汰  2  1:05'28"(自己ベスト)
 稲毛 暉斗  1  1:05'31"
 小杉 恒太  1  1:05'36"(自己ベスト)
 中山 貴裕  2  1:05'47"(自己ベスト)
 渡邉 貴  3  1:05'58"
 稲田 峻大  1  1:06'06"(自己ベスト)
 菅家 希来  2  1:06'24"
 河野 敢太  3  1:07'18"
 小中 駿祐  2  1:07'30"
 内田 健太  3  1:07'45"
 芹澤 昭紀  2  1:08'13"

以上の結果となります。
箱根駅伝が終わり、新チームとして目標としていた大会でありました。
3年熊耳は、自己ベストを1分近く短縮することができました。また、新主将の向は万全でない状態でしたが、63分台でまとめる走りができ、チームに勢いをつけることができたと思います。
今回の上位10人の20km通過タイムの合計は、昨年の箱根予選会の記録を1分以上上回ることができ、収穫のあるレースでありました。
しかし、力のある選手が実力を発揮できなかったり、レース後半に粘り切れなかったことなど、課題も浮き彫りとなったレースでもありました。

これからチームは、個人レースや関東インカレに向かっていきます。
上半期最大の目標である全日本大学駅伝予選会では、確実に突破し、本学初の3年連続本戦出場を目指します。
今年は、選手・スタッフを含め、チーム一丸となって各種大会をはじめ、日々の練習に取り組んでいきたいと思います。
そして、最大の目標である10月の第94回箱根予選会はしっかりと突破し、本戦で戦えるように精進していきたいと思います。

当日、現地まで応援に駆けつけてくださった方々には、この場をお借りして、心から御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
今後とも熱いご声援よろしくお願い致します。
| <<前へ | 次へ>> |
▲ページ上へ